2021.05.04

キャラクターデザイン原案は賀茂川、音楽は宮内優里に決定!

キャラクターデザイン原案は、京都市交通局「地下鉄に乗るっ」プロジェクトのキャラクターデザインを務め、
イラストレーター、キャラクターデザイナーとして活躍中の賀茂川、
そして音楽は、生楽器の演奏とプログラミングを織り交ぜた有機的な電子音楽の制作を得意とし、
星野源やGUTHERなど数々の国内外のアーティストとコラボレーションしている音楽家であり、
映画『リトル・フォレスト』や映画『神さまの轍 check point of the life』で
映画音楽の世界でも活躍の幅を広げる宮内優里が担当します!
 
◆キャラクターデザイン原案︓賀茂川
彼女たちはどんな洋服や靴が好きなんだろう。
とはいえ大変な時だったから、格好まで気が回らないかも︖
あるいはファッションに全然興味なかったらどうしよう。いやさすがにそれは失礼か。

ファッションやデザインは心を豊かにすると思っています。
大変な時だからこそ、ちゃんと彼女たちの好きなものを用意してあげたかった。
 
ファッションはキャラクター原案の一部に過ぎませんが
ぜひ各キャラクターを足先まで御覧ください。

◆音楽︓宮内優里
不思議や不安がいっぱいで、生きづらさも時折感じる今の世の中。
劇中のキャラクターたちが、不思議はやわらかく、不安はしっかりと受け止めて逞しく前に進んでいく姿に、音楽を作りながら背中を押してもらったような気がします。
 
あらすじに「ふしぎだけどあたたかい」という言葉がありますが、ふしぎなものというのは、とってもあたたかいものなのかもしれません。
 
ぜひ劇場で、ふしぎなあたたかさを感じてみてほしいです。